才能を開花させる子育てを教えるサイト

【高校生おすすめ】やりたいことの見つけ方 その8

「やりたいこと」を実現する手段を見つける方法

あなたの「本当にやりたいこと」が見つかった今、これからすべきなのは、「本当にやりたいことを実現している自分」と「今の自分」の差を埋めることだけです。その差を埋めるための実現手段を探し始めましょう。

実は、「やりたいこと」が見つかれば、自然と実現手段が見つかり始めます。「やりたいこと」を定めれば、あなたの「やりたいこと」の実現に必要な情報がどんどん集まってくるようになります。世の中の情報を見るときに「自分のやりたいことに役立つ情報はないだろうか?」というアンテナが立ってどんどん情報が集まってくるようになるのです。

まだ「本当にやりたいこと」の実現手段が見えていないとしても、それはあなたが知らないだけです。今すぐ「本当にやりたいこと」というアンテナを立てて、積極的な情報収集を始めてください。早いと1週間、長くても1ヶ月探していれば実現手段は見つかります。「本当にやりたいこと」はあなたの中から見つけるしかありませんが、その実現手段は社会に溢れているのです。ここから先は社会の中から実現手段を見つけて、どんどん「本当にやりたいこと」を仕事にしていってください。

自己理解の技術を身につければ、あなたは今度2度と失敗しない

自己理解のやり方を身につけると、人生の全ての経験を「学び」に変えることができます。

「失敗」も「後悔」も、全てを学びに変えることができるのが「自己理解」という魔法の杖なのです。

僕が高校時代が全然楽しくなかったという失敗経験は、人から価値観を押し付けられて何かをやらされるということがとても苦手だということを学べた成功経験になりました。起業して周りといい人間関係を築きながら自由に生きられるようになったのはこの経験のおかげです。リクルート時代にたくさん営業で失敗をした経験は、できない自分を認め、守破離を徹底すれば成功できるということを学べた成功体験になりました。

逆に、失敗や後悔など過去のネガティブな経験から目を逸らしている人は、人生が平坦なままです。学びの宝庫である過去のネガティブ経験に蓋をして、前だけ向いていてはその中にある学びを得ることができません。

もちろん僕も当時はどの経験もとても辛かったですし、将来に活きるだなんて考えることはできませんでした。辛い状況にいる人に対して「前を向いて!その経験が必ず役にやつよ!」と言うつもりはありません。しかしその辛い状況が落ち着いて、次の一歩を踏み出そうと前向きになってきた時、自己理解を通じて辛い経験から学ぶことができれば人生は確実に右肩上りになります。それは、過去の失敗から学ぶことで、同じ失敗を繰り返すことがなくなるからです。自己理解をすることによって、人生経験が何倍もの速度で積み上がっていくようになるからです。そして気づいた時には、昔の自分からは想像もできないような充実した毎日を送れるようになります。

そうなった時には、もう過去の失敗や後悔は全て、今の自分を作っている「学び」になっているでしょう。

成功とは「目標を達成」することではない。「自分らしい今この瞬間」を生きることが成功だ。

僕は本当の意味での「成功」は何か大きな目標を達成することではないと考えています。そうではなく、優れた人格を持ち、自分らしいと感じられる今この瞬間を生きることこそが「成功」だと考えます。

「お金を稼げば成功」「人から認められれば成功」という自分の外側の基準に縛られていないでしょうか?この仕事でお金を稼げば、成功して幸せになれる。これは幻想です。僕もお金が好きです。売り上げがどうすれば伸びるかを考えるのも大好きです。それはお金という数値は、自分が社会に対して与えた価値を数値化してくれているものだと考えているからです。学生にとってのテストの成績が、社会人にとっては収入だと僕は思っています。

今後もこの数字を大きくしていって、自分が及ぼせるポジティブな影響をどんどん広げていきたいと強く感じます。しかし、それは「自分に嘘をつかないやり方で」という条件付きです。自分に嘘をつくやり方で稼いでも自分が苦しくなっていくだけであり、長続きはしません。いくら稼げていても、自分に嘘をついて心がモヤモヤしていたら失敗だと僕は思います。

自分らしく生きられれば、その時点で成功です。その上で結果も出れば、大成功です。今この瞬間が自分らしくいられて幸せだと感じていて、その積み重ねの先に結果が出たとしたら喜べばいいですし、結果が出なかったとしてもそれは失敗ではありません。目標を達成できなければ失敗なのだとしたら、ほとんどの人の人生は失敗に終わってしまいます。

オリンピックで金メダルを取れるのは各種目で1人しかいません。けれど、自分らしく生きることは誰にでもできます。そして、人と競う必要もありません。結果を出すのに時間はかかりますが、自分に嘘をつかずに生きると決意することは今この瞬間にできます。他人から認められなくても、お金があまり稼げなくても、あなたが自分に嘘のない生き方ができて、モヤモヤから解放されているなら、それは「成功」です。

できるだけ早くやりたいこと探しから「脱出」し「夢中な自分」を手に入れてください

自己理解は、重要なことですが、緊急なことではないため、多くの人にとっては優先順位が低いことだと思います。別に自己理解をやらなくても、死ぬことはありません。けれど「本当にやりたいこと」を見つけて、仕事にしていきたいと感じているなら、自己誓いは最高の手段です。あくまで「手段」です。

目的はあなたが自分の人生に夢中になってもらうことです。一番楽しいのは、自己理解を終わらせた後の人生です。「本当にやりたいこと」がわからない状態は、ゴールのないマラソンを走っているような感覚でしょう。何でマラソンを走っているのかもわからないので、モチベーションがわからないので、モチベーションが湧きようもありません。

自己理解すると人生がゲームのようになります。仕事がしたくて朝は自然と目が覚めるし、夜はもっと仕事をしたいのを我慢して寝るようになります。

僕は中学・高校・大学とゲームと読書が大好きで家にいる間はほぼゲームか読書をしていましたが、今は仕事に対して夢中な状態です。

あなたの持っているポテンシャルは「本当にやりたいこと」を決めて「夢中」になることで解放されます。それは自己理解をすれば、辿り着きたい場所が決まり、その方向にエネルギーを集中させることができるようになるからです。周りの人が複雑な社会の中で迷っている中、あなたは土インドん成長して結果が出るという右肩あがりの人生を送ることができるようになるのです。

だからここで伝えたいのは、「さっさと自己理解でやりたいこと探しを終わらせてください」ということです。「やりたいことが見つからないからやる気が出ない」という言い訳は今すぐやめ、このやり方を1つずつ進めていくことで、最速で「やりたいこと」探しを終わらせてください。

このブログを参考にしてあなたが、「本当にやりたいこと」に夢中な毎日を過ごせることを心より応援しています。

※参考文献:世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 著者:八木仁平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。