月6980円から通えます。6月30日まで無料体験を2週間できます。

他者評価の檻から自分を脱出させる方法 【4/18(水)開催】

みなさま、こんにちは!
突然ですが、お誘いです◎

私が学生時代からお世話になっている、
新潟の西田さんが、また鹿児島に来てくださることになりました!

私もこの4月に社会人4年目・28歳になり、自分自身の全てに対して訳もなく焦りを感じてきたり、
今働いている会社の社内でそろそろ「若手」として甘えられない立場になってきたこともあり、
自分の内外のいろいろな変化についていけなくなってしまいそうだ、と少し苦しくなっていたところでした。

そんなとき、たまたま西田さんの九州遠征で鹿児島の場を共にする機会をいただきました。
今回の場では、西田さん、参加者の皆様との対話を通して、少しでも自分の気持ちをチューニングすることができれば!
と思っているところです。

また、今回私が西田さんに「是非やってほしいです!」とお伝えした「本の処方箋」は、
問診票に書き込んだあなたの悩みや思いを西田さんが受け取って、本を処方してくださるというものです。
10代〜20代前半の悩める若者向けに本を処方することが多い中、
今回は「大人向け」でやってみましょう!というとても貴重な機会になっております。

直前すぎるご連絡&平日のど真ん中の日程で大変恐縮ですが、
西田さんとの場を是非みなさんとシェアしたいと思っていますので、奮ってご参加くださいませ。

【ゲスト】
西田卓司さん
——————————————————————————
PROFILE

ニシダタクジ 現代美術家/余白デザイナー ツルハシブックス劇団員(店主)

1974年千葉県袖ケ浦市出身。1994年新潟大学農学部入学。大学4年、就職活動のとき、「畑が無いと生きられない」と直感し、1999年新潟大学大学院在学中に、「まきどき村」を設立。毎週日曜日の朝、畑作業をした後囲炉裏を囲んで釜炊きごはんを食べる「人生最高の朝ごはん」を開催。20代は「畑のある暮らし」をしながら、イベント企画会社、地ビール製造会社、ライター、出版社営業などを週3日程度しながら暮らす。2007年大学生の地域企業でのインターンシップ事業で起業。2011年新潟市西区に「ツルハシブックス」を開店、29歳以下限定の「地下古本コーナー HAKKUTSU」をスタート。2015年40歳を機に、関東地方の大学で学生の地域活動を支援するコーディネーターとして勤務しながら、東京・練馬「暗やみ本屋ハックツ」(10代限定の古本屋・月に1回営業)、長野・伊那「カリカリブックス(仮)」(伊那市駅前にある信州大学生が店長の高校生向けの古本屋)などの立ち上げにかかわりながら、仕事や就職などの悩みを聞いて本を提案する「本の処方箋」などを各地で行っている。2018年からは「本屋じゃない何か」をつくり、他者からの評価の呪縛に苦しむ高校生・大学生・20代に対して、「問い」が生まれる場と機会を提供していくつもり。
—————————————————————————————

そんな西田さんが鹿児島に来て、最近気になるテーマについて、
鹿児島のみなさんとの場を持てればということで、
こんな機会を設けることになりました。

トーク&対話テーマ:
「他者評価の檻から自分を脱出させる方法」

過去に西田さんを鹿児島にお招きして、何度かイベントを開催しています。
その時に掲げていたのは
「面白い取り組みを続けている西田さんのお話を聴き、自分がワクワクすることをやってみよう、動き出してみたりしよう。」
というテーマや、
「あなたにとっての豊かさとは何か、みんなで考えてみよう。」といったテーマでした。

自分がワクワクすることに、愚直に突き進んでいくことや
「豊かさを実感するなぁ。」ということをやり続ける、貫き続けることは、
「一般的にはこうだ。」と言われる道から外れていることが多いと感じます。

私もついつい、「自分の進んでいる道は正しいのだろうか。」と、
二者択一の問いを自分自身に投げかけてしまうことがあり
気づかないうちに、「全ての人が目指さなければいけない正解がある」ような錯覚をしてしまいます。

そんな時が、「他者評価の檻」に閉じ込められている状態なんだと思います。

今回の場を通して、どうやったら自分自身がその檻から脱出できるのか。
また、西田さんがどうやって、若者をその檻から脱出させようとしているのか。
学べる夜になれば良いなぁと思っています。

※今回のテーマについて、西田さんがブログ記事を上げていらっしゃるので、是非御覧ください。

「他者評価の檻から自分を脱出させる方法」
http://hero.niiblo.jp/d2018-04-10.html

<概要>
−−————————————-
【日時】4月18日(水)18:00〜20:00
※イベント終了後、希望者別途懇親会予定です。

【内容】
18:00〜19:00 本の処方箋
19:00〜20:00 西田さんトーク&参加している皆様との対話のセッション

【参加費】
1500円
(学生の方:500円。4月19日には学生向けのイベントもあります。)

【会場】
GOJYUゼミ
鹿児島県鹿児島市下荒田3-38-21 鮫島ビル2F
(騎射場電停より徒歩1分。)

【お問い合わせ先】
濱津(はまつ)まで、コメント欄またはメッセージにてお問い合わせください。
————————–———

こちらのFBページより

<参考リンク>

ツルハシブックス:
https://www.tsuruhashibooks.com/about.html

西田さんブログ「20代の宿題」:
http://hero.niiblo.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です