月6980円から通えます。6月30日まで無料体験を2週間できます。

プログラミング塾

はじめに

2020年にプログラミング教育が必修化されます。
これを聞いた時、みなさんはどう思いましたか?
「え?プログラムを書くスキルを子供に仕込むの?」と驚いたかもしれません。
「将来役立ちそうでいいね!」と喜んだり、人によっては逆に「手先のスキルを仕込むようなことはしてくれるな!」と心配したりするのではないでしょうか。
しかしこの点は心配ありません。
文部科学省も、スキルを仕込むつもりはありません。
学習指導要領案には、各教科の中で「プログラミングを体験しながら、論理的思考能力を身に付ける」とあります。
たとえば、算数の比例の問題の時などにプログラミングを使ってみるとかですね。
なので、学校の科目だけで考えるとプログラムをかける必要はありません。
大事なのは「プログラミング的思考」です。

このプログラミング的思考の解釈は色々言われますが、僕はこの言葉が一番しっくりきます。
「コンピューターが問題を解きやすいように、人間が知恵を絞ること」
昔から人間は、面倒臭いことを簡単にすることに熱心です。
足し算が面倒臭いから掛け算がうまれ、洗濯板が面倒臭いから洗濯機がうまれ、電気を消したりするのが面倒臭いからAIスピーカーが生まれました。
プログラミング言語が生まれたおかげで、あらゆる面倒臭いことをコンピューターが引き受けてくれるようになったのです。
ということは、あらゆる物がインターネットにつながる時代にプログラミングができれば様々なことができるし、食いっぱぐれることはありませんよね。
プログラマーにならなかったとしても、プログラミング的思考は生きていく上で役に立つのは僕自身が実感しています。

Facebook元役員も「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを私が保証しよう。」と言い、
世界の起業家たちも次の動画でプログラミングの重要性を発言しています。
ぜひ見てみてください。

世界的起業家たちが語るプログラミングの重要性

サッカーや水泳を習ったからといって、プロの選手になる人はそんなに多くはありませんよね。
プログラミングもそのような習い事と同じに考えてみてください。
楽しいから始まり、もっと自分でやってみたくなり、自ら挑戦して課題を克服してうまくなるのです。

君がプログラミングを学ぶなら、世界は今まで以上におもしろくなる。

ようこそ、GOJYUゼミへ。
プログラミングという武器を手にした君の伝説がここからはじまる。

 

初級コース:プログラミングは初めてという子供向け。幼稚園〜中学3年生対象。

中級コース:実際にコードを書いてみる本格的なプログラミングを学ぶ。

上級コース:オリジナルアプリ、WEBサイト等を作成。コンテストにも参加。

*プログラミングをしたことがない場合、初級コースのプログラミン開発から受講することをオススメしています。

*このようなコンテストに参加します。アプリ甲子園